×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

DVDコピー

当サイト使用の注意
日本では、著作権法や不正競争防止法によって、コピーガードを含むCDやDVDの複製は私的使用の範囲であっても違法となります。
当サイトで提供する情報はあくまでも見識を高める為のものであります。
如何なるトラブルが発生しましても当サイトでは、一切責任は取れませんので予めご了承下さい。
DVDをコピーする際の流れ
DVDリッピング→ビデオの編集→ライティングと単純です。
始めにコピーしたいDVDのメディアを確認します。この際確認する事項は片面一層であるか、片面二層であるかどうか。
最近は片面二層が主流のようである。
片面一層DVDをコピーする。
DVD Decrypterをインストールする。
このフリーソフトはリッピング、ライティングを行うことが出来る。
本家で「DVD Decrypter」をインストールしたら,必要なら日本語化ソフトもインストールします。
まずDVDを読み込みます。
1,「DVD Decrypter」を起動して,「モード」メニューから「ISO」→「読み込み」
2,「入力元」にコピーしたいDVDが入ったドライブが選択されていることを確認。
3,画面下側にある「Decrypt」ボタンをクリックすれば,勝手に「ISOファイル」ができる。
その次に書き込みます
1,書き込むDVDメディア(DVDーRなど)をドライブに入れる。
2,もう一度「DVD Decrypter」を起動し,次は「モード」メニューから「ISO」→「書き込み」を選択
3,「入力元」の項目をクリックして,さっき作成した「ISOファイル」を選択。MDSファイルができている場合は,そっちを選択。
4,出力先の方にメディアを挿入したドライブが選択されていることを確認。
5,下の「書き込み」ボタンをクリックしたら,できあがり。

スポンサード リンク

dvdをフリーソフトでコピーする1

当サイトは違法コピーを推進するものではなく、あくまで自己所有のDVDをどこでも自由に楽しむことを目的に運営しています。
またコピーに関してはすべて自己責任でやって下さい。協力お願いします。
映画などのDVDビデオはは最大8.5GBの容量で収録されているため、市販されているDVD(容量4.7GB)にコピーするには圧縮しなければいけません。
そこで、フリーソフトを利用したコピー・バックアップの方法を紹介します。
DVD Shrinkというフリーソフト。
DVD Shrinkはフリーソフトですが、非常に便利でとてもフリーソフトとは思えません。
機能はといいますと、メニュー/特典映像を含めた圧縮が可能。
更にタイトル毎に音声/字幕の有無選択、
圧縮率が変更できる等、非常に多機能、しかも超高速といいこと尽くめ。
メリットとして 
 ・30〜40分で超高速処理できる。
 ・リージョン変更ができる。
 ・CPU占有率が低い
があげられます。CPU占有率が低いのはありがたいですね。

コピーガード

PC上においても、DVDをそのままコピーすることは出来ません。
他のDVD同様にコピープロテクトがかかっているからで、
DVDの一般的なコピープロテクトは、マイクロビジョン、カラーストライプ、CGMS−A、DTCP、CSS、CPPM、CPRMであるが、この中でPC上でコピーを行う際に障害となるのはCSSのみである。
このCSSを解除する事によってPC上のDVDコピーは行うことが出来る。
CSSを解除することによって、PC上でコピーする事は他エントリーで説明したが、さて、それでは具体的にどのようにすればDVDをコピーすることが出来るのか?
解除のもっとも簡単な方法とはDVD Shrinkを使うことです。

Copyright © 2008 dvdをコピー フリーソフトを使いましょう